車買取業者の社員の基準が一致していない事も

業者で車を売却するためには、もちろん所定の査定を受ける必要があります。ところで、その査定には一定の基準があります。業者によっては、その基準の統一性に関して頭を悩ませている事もあるのだそうです。

というのも買取業者によっては、かなり大きな企業もありますね。全国チェーン展開している買取業者も、非常に多く見かけるのですが。

チェーン展開している業者の場合は、たまに基準が統一されていない事があるのだそうです。例えば、減点の点数に関する基準ですね。ある業者Aに在籍しているBとCのスタッフの方を考えてみましょう。その2名のスタッフの方は、基準が統一されていない事があるのです。

ある車Dに対して、Eという傷がついているとします。全く同じ傷を見ているBとCの方は、それに対する減点の基準が違っている事があるのです。Bの方はマイナス3点と採点しますが、Cの方はマイナス4点などの具合です。

MOK_kyouheijikanwokinisuru500-thumb-750x500-1156なぜこのような事が起きるかというと、社内での査定の基準が一致していないからですね。BとCの方に対してAの定める基準がきちんと教育されていないと、たまにそのような事があります。しかしA社がBとCの方に対してきちんと教育を行っていれば、そのような食い違いが発生する事もないでしょう。ですので車買取の業者にとっては、ちょっと教育をしっかり行うのも大事なのですが。

ちなみに最近では、その査定の基準を統一させるための独自の端末なども出現してきているようです。大手の車買取業者ともなると、在籍しているスタッフの方々も多数いらっしゃいますね。その方々に対して教育を行うのも、会社としては大変です。その手間を省くために、全社員に対して独自端末を持たせているような企業もあるそうです。
車の買取業者は、基準の統一のために色々と頭を悩ませている一面もある訳ですね。

Leave a Reply