とても良い車買取店が多く集っている静岡の清水エリア

静岡県には、車買取のお店が沢山あります。そして静岡地域によってはかなり多くの買取店が集っているエリアもあるのですが、その1つが清水地域です。ちょうど海の近くには清水駅があるのですが、その西側などはかなり多くの車買取店が集っている状況です。

優良な業者による団体に加入しているお店が多い

ところで清水エリアの場合は、JADRIに加入している車買取店が非常に多いですね。JADRIとは、中古車の業者による団体です。
その団体は、優良な業者が加入できるのですね。あまり良くない業者の場合は、その団体には加入できないようになっているのです。
例えば清水駅の南西側に行きますと、ビッグウェーブという業者があります。そこはJADRIに加入しているのですが、車買取の業界では比較的有名な会社の1つなのですね。また清水駅の北西側にある清水インターチェンジ付近には、オートベルという業者があります。そのお店の顧客対応は好評なのですが、そこもJADRIに加入しています。
このように清水エリアは、JADRIに加入している業者が非常に多いだけに、かなり恵まれていると思いますね。車買取を行いやすいエリアの1つと言えます。

お店同士の距離が比較的近い

ちなみに前述の清水インターチェンジなどは、多くの買取店がかなり密集している状況でもあります。ですので複数店による車査定の金額比較が、かなりやりやすいでしょう。そのインターチェンジ付近で査定を受けたら、南側にあるガリバーに立ち寄ってみるのも一法ですね。ガリバーの場合は、他のお店よりも高い金額を出してくれる事が多いからです。
このようにお店とお店との距離が非常に近く、とても優秀な業者が多く集っているので、静岡の清水エリアは車買取の好立地と言えるでしょう。
出典:タントの買取、査定で損せず高く売り切る売却術

困難に見える車でも買い取ってくれる事が多い海外ルートを持つ業者

自動車の中には、売却が少々困難なものもあります。代表的な例は、主に3つです。
まず事故を起こしてしまった車は、買取が困難なケースが多々あります。中古車として販売をした時にトラブルが発生する可能性により、事故車の買取をお断りしている業者もある訳ですね。

それと残る2つですが、走行距離と年式です。あまり長く走っているような車は、ちょっと値段が付きづらくなるケースがあります。また10年落ちの車なども、買取をお断りされる場合があるのです。買取どころか、処分料金が発生してしまうような業者もたまにあります。

しかし「全て」の業者で上記の3つの車の買取が困難という意味ではありません。業者によっては、そのような車でも売却が可能な事があるのです。ですので車の売却の際には、業者の見極めが大きなポイントになるのですが。

ではどのような業者であれば状態に難がある車でも買い取ってくれるかというと、海外に対する売却ルートを持っている業者です。車の業者の売却ルートというのは様々ですが、大別すれば国内か海外になります。そして海外の場合は、日本の車を高く買い取ってくれる事が多いのです。

例えば上記の事故を起こしてしまったような車ですが、車本体が動かなくてもパーツが生きている可能性があります。そのパーツは海外で高く売れる事もある訳ですね。
まして海外には、非常に多くの国々があります。あれだけ多数の国があれば、どこかの業者が高く買ってくれる可能性もありますね。
エスティマ買取

ですのでちょっと状態に難がある車を売却したいのであれば、海外に対する売却ルートを持っている所を選ぶと良いでしょう。そのような業者であれば、たいてい値段が付くからです。
なおその売却ルートに関する情報は、業者の公式サイトを見ればたいてい明示されていますね。たいてい高額査定の理由のページに、それが書かれています。

車買取業者の社員の基準が一致していない事も

業者で車を売却するためには、もちろん所定の査定を受ける必要があります。ところで、その査定には一定の基準があります。業者によっては、その基準の統一性に関して頭を悩ませている事もあるのだそうです。

というのも買取業者によっては、かなり大きな企業もありますね。全国チェーン展開している買取業者も、非常に多く見かけるのですが。

チェーン展開している業者の場合は、たまに基準が統一されていない事があるのだそうです。例えば、減点の点数に関する基準ですね。ある業者Aに在籍しているBとCのスタッフの方を考えてみましょう。その2名のスタッフの方は、基準が統一されていない事があるのです。

ある車Dに対して、Eという傷がついているとします。全く同じ傷を見ているBとCの方は、それに対する減点の基準が違っている事があるのです。Bの方はマイナス3点と採点しますが、Cの方はマイナス4点などの具合です。

MOK_kyouheijikanwokinisuru500-thumb-750x500-1156なぜこのような事が起きるかというと、社内での査定の基準が一致していないからですね。BとCの方に対してAの定める基準がきちんと教育されていないと、たまにそのような事があります。しかしA社がBとCの方に対してきちんと教育を行っていれば、そのような食い違いが発生する事もないでしょう。ですので車買取の業者にとっては、ちょっと教育をしっかり行うのも大事なのですが。

ちなみに最近では、その査定の基準を統一させるための独自の端末なども出現してきているようです。大手の車買取業者ともなると、在籍しているスタッフの方々も多数いらっしゃいますね。その方々に対して教育を行うのも、会社としては大変です。その手間を省くために、全社員に対して独自端末を持たせているような企業もあるそうです。
車の買取業者は、基準の統一のために色々と頭を悩ませている一面もある訳ですね。